誰があなたのインターネット検索履歴を見ることができますか?プライバシーとリスクを理解する

申し訳ありませんが、このページのコンテンツは選択された言語ではご利用いただけません。

Googleでの検索活動は他の人に見えますか?

検索履歴とブラウザ履歴の違い

「検索履歴」と「ブラウザ履歴」という用語はしばしば混乱を引き起こしますが、それぞれ特定の意味を持っています。検索履歴は、GoogleやBingなどの検索エンジンに入力された検索クエリの記録を表します。一方、ブラウザ履歴は、検索エンジンを経由したかどうかに関係なく、オンラインセッション中にアクセスされたすべてのウェブページを含みます。本質的に、検索履歴は検索エンジンに入力されたクエリを記録し、ブラウザ履歴は訪問した特定のウェブページを追跡します。


インターネット検索の記録を収集する理由

さまざまな機関がインターネット上での検索活動を追跡しようとする理由はいくつかあります。さまざまな組織がユーザーエクスペリエンスを向上させたり、法的要件を遵守したりするためにこの情報にアクセスします。

検索またはブラウザ履歴を監視する慣行は、一般的にサービスプロバイダーのポリシーに従っているか、プライバシーポリシーの同意を通じて合意されています。


機関 追跡の理由
検索エンジン 検索結果のパーソナライズ、広告のカスタマイズ、トレンドの分析、アルゴリズムの改善
ISP 広告主向けの匿名データ、法的なデータ保存
ウェブサイト ユーザーエクスペリエンスのパーソナライズ、ターゲット広告
アプリケーション ブラウザ履歴、メディアファイル、位置追跡の許可
Wi-Fi管理者 ポリシーの遵守、ネットワークセキュリティの維持、不正使用の防止
ハッカー IDの再構築、ID盗難、オンラインなりすまし
法執行機関 裁判所命令/令状の取得、犯罪捜査、法的要件によるISPデータの開示

これらの理由を理解することで、誰があなたのオンライン活動にアクセスできるかについて注意を払い、プライバシーを維持するための対策を講じることの重要性が明確になります。

他のデバイスからあなたのブラウザ履歴にアクセスできますか?

物理的アクセス: 誰かがあなたのコンピュータや電話にアクセスし、同じウェブブラウザを開くと、ブラウザ履歴を表示できます。

共有アカウント: 複数のデバイスが同じGoogleアカウントに接続されている場合、検索履歴はすべてのデバイスで同期されます。このアカウントにアクセスできる人は誰でもブラウザ履歴を見ることができます。

リモートモニタリングツール: サポートや業務のためにリモートモニタリングツールをインストールすると、他の人があなたの活動を見ることができます。使用後は必ずこれらのツールを削除して、無許可のアクセスを防いでください。

監視されたネットワーク: 監視ツールがある公共のWi-Fiネットワークは、あなたのブラウジングを追跡することができます。DNSリークを防ぎ、活動をログに記録しないVPNサービスを使用すると、このリスクを軽減できます。

重要なポイント:

インターネットプロバイダーがアクセスできる情報とは?

インターネットプロバイダーはプライベートブラウジング履歴を見ることができますか?

Chromeなどのブラウザでシークレットモードを使用しても、インターネットプロバイダーはあなたが訪問するウェブサイトを検出して追跡することができます。 シークレットモードは、ブラウザがクッキー、サイトデータ、およびブラウザ履歴をローカルに保存しないようにするだけです。インターネットトラフィックを暗号化するわけではないので、ISPはあなたのオンライン先を知ることができます。

インターネットプロバイダーはブラウザ履歴をどのくらいの期間保存しますか?

ISPは、内部ポリシーと適用される国内データ保持法に基づいてブラウザデータを保存します。通常、データは6ヶ月から2年またはそれ以上の期間保存されます。具体的な内容はISPと顧客との契約に依存します。サービス契約のプライバシーセクションを確認すると、データ保持の実務についての詳細が得られます。

削除された検索およびブラウザ履歴を誰が見ることができますか?

デバイスから削除された検索およびブラウザ履歴は、通常、他の人がアクセスできません。 インターネットサービスプロバイダー(ISP)は、ローカルストレージから削除された後はデバイスの削除された履歴を見ることができません。ただし、ISPが以前にこれらのデータを記録していた場合、その記録はローカル削除によって影響を受けません。同様に、これらのデータを保存している検索エンジン、ウェブサイト、およびサードパーティのトラッカーも、削除前に収集された場合、引き続きアクセスして使用することができます。したがって、ローカル削除はある程度プライバシーを保護しますが、以前に収集されたデータは引き続き特定の機関でアクセス可能です。

ブラウザ履歴をプライベートに保つ方法

ウェブ活動を覗き見から守るために、次の基本的な手順に従ってください:

あなたのオンライン活動は常に監視されていますか?

継続的な監視は標準ではありませんが、ISP、Wi-Fi所有者、法執行機関などの特定の機関は特定の条件下であなたのオンライン履歴にアクセスできます。ハッカーは常にあなたのデータを盗む機会を探しています。

オンラインプライバシーを優先することが重要です。VPNとトラッカー/広告ブロックソフトウェアを使用して個人情報を保護してください。

アクション 保護ツール
ブラウザデータを隠す VPN
トラッカー/広告をブロックする 広告ブロックソフトウェア
一般的なオンラインセキュリティ さまざまなツールの組み合わせ

オンラインの安全性を確保することが重要です。

よくある質問

インターネットプロバイダーは私のウェブ検索を見ることができますか?

インターネットサービスプロバイダーは、ユーザーが訪問するウェブサイトを見ることができます。通常、これらのウェブサイトで実行された検索に関する詳細情報にはアクセスできません。

同じWi-Fiネットワークの他のユーザーが私のブラウザ履歴を見ることができますか?

はい、同じWi-Fiネットワークを共有している人々は、適切なセキュリティ対策が講じられていない場合、お互いのブラウジング活動を見ることができます。

削除されたブラウザ履歴は他の人にアクセスできますか?

検索履歴を削除しても完全に消去されるわけではありません。時々、デバイスやインターネットプロバイダーのログに痕跡が残ることがあります。

Wi-Fiネットワークの所有者が私のシークレットモードのブラウジングを見ることができますか?

シークレットモードは、Wi-Fiネットワーク所有者からのブラウジング活動を隠しません。訪問したウェブサイトを引き続き追跡することができます。

携帯電話会社は個々のブラウザ履歴を記録していますか?

携帯電話会社はブラウジング活動を記録することがあります。これらの記録は、企業のポリシーに基づいてさまざまな期間保持されることがあります。

ブラウザ履歴をプライベートに保つにはどうすればよいですか?

ブラウザ履歴を保護するために、VPN、安全なブラウザを使用し、定期的にブラウザデータを削除することを検討してください。ネットワークに強力な暗号化を有効にすることも役立ちます。

X
お客様に最高の体験を提供するために、https://iplogger.orgはCookieを使用しています。使用するということは、当社のCookieの使用に同意することを意味します。私たちは、新しいCookieポリシーを公開しています。クッキーの政治を見る